10連休のGWで誰が得をするのか?

今年のGWは10連休。その間に平成から令和へと新しい元号に変わるわけですが、この10連休、甚だやりすぎなのでは無いかと個人的には思っています。

ホテルなんかは通常の9倍の値段になっている所もあったりして、そんなに高騰したら庶民は旅行なんか行けませんよね?

それにそういうサービス業の人たちは下手すれば10連勤になっちゃうでしょうし、この10連休で得をするのは一体誰なんでしょうか?

通常の病院が連休という事になれば、普段から頻繁に診察が必要な健康状態の人はいつものお医者さんに診てもらえないって事ですし。

結局カツカツで回してる零細企業なんかは休めないし、喜んでるのは学生と公務員ぐらいのものではないでしょうか?

連休だからパァっとお金を使っちゃおう!と人々が浪費する事によって景気の刺激になるのでは?という声もありますが…

例えばオフィス街で営業してる定食屋さんなんか、確実に閑古鳥でしょう。10日って1ヶ月の3分の1ですよ?それだけの売上減はかなり痛手ですよ。

その分、その定食代以上の金額をサラリーマンたちがレジャーや観光業界で浪費すれば、国としてはお金を循環させたり、消費税の収入増にもなってメリットです。

と言うか、今までも祝日を月曜日に固定して3連休を多く作ってきましたが、実際にそれが政治家的には効果があったんでしょうね。

確かに現代の日本人は仕事をしなけりゃ遊ぶでしょう。そして、遊ぶとなっても金を使わない遊び方を選択する人の方が少数なんでしょうね。

10連休反対の声も多かったけれど、トータルで国全体として見れば、やはりプラスになるんだろうなぁ…。