NISAは得なのか損なのか?

今回はNISA(少額投資非課税制度)について、得なのか損なのかと言う話をしたいと思います。 結論から言うと損と言うか「得する人はかなり限られる」と言うのが正確な表現なのでは無いかと私は考えています。

そもそもですね、国が国民(特に平凡な一般市民)の役に立つ制度を積極的に行うわけがなく、 お得そうに見える話は大体得する人が限られているか、他の大きな損する制度の目くらましかの場合が多いんですよね。

低所得の世帯にお金をばらまく制度だって、消費税をアップする時に「貧しい人が苦しくなる」と言う反論を封じ込めるだけの役割でしかありません。

つまりNISAも「わーい、税金が免除されるぞー」と手放しで喜んで利用するよりも、まずは一旦「何か裏があるんじゃないの?」と疑ってかかった方が良いと思います。

NISAの制度を利用して株式投資の利益にかかる税金を免除しようと思ったら、NISA専用の口座を開設してNISA専用の口座で投資をしなければなりません。

ところがNISAはNISA専用口座以外の口座との損益通算が出来ないばかりか、NISA口座内でも損益通算が出来ないと言う事です。

つまり、50万円でA社の株を買い、もう50万円でB社の株を買い、A社は株価が0になり、B社の株価が倍になったと仮定します。 すると、普通なら50万円の利益と50万円の損失を相殺して損益無しのはずが、NISAだと50万円の利益が出ていると見なされるわけですよ。

はっきり言って、こんなアホな制度だれが利用するのか?と思ってしまうほどです。

本当に「国民のため、一般市民のための制度」なのであれば、どう考えてもこんなややこしい非課税制度ではなく、消費税を5%に戻せば済む話です。 要は「あまりわかっていない人」から金を引き出しやすい口実を作るための策だと言う事ですよ。

もちろん条件が自分の投資スタイルに合っている人は最大限利用すれば良いと思いますがね。