放置された塩漬け株はどうするべきか?

値上がりを見込んで買った株が、思わぬ株価低迷で売るに売られず放置され、その結果長らく塩漬け株になってしまっている人は意外と多いんじゃないでしょうか?

そんな放置された塩漬け株ってどのように対処するのが正解なのか?今日はそれについて話したいと思います。まず、結論から言うと「そんな株はさっさと売るべき」です。

もちろん市場全体の景気が良くなって株価が上昇する事もありえますし、塩漬け状態になっている株の企業が何らかの新商品や新サービスなどで注目を浴びて株価が上昇する可能性もあります。

ですが、それたまたま偶然の事であり、株式投資ってそんな「運」でやるものじゃ無いと思います。ギャンブルではなくてある程度リターンの見込みのある事業を行なっている企業に資源を投下するのが投資ですから。

値上がると思った株が、値上がると思ったタイミングで値上がりしなかったのであれば、それは素直に見込み違い、読み間違いを認めてしまうべきなんですよ。

株価が暴落している株は「塩漬け」とは表現しませんよね。なまじっか株価が横ばいだから「これから上がるのか下がるのか、売ったら上がるかも知れないし…」と判断が出来ないわけです。

仮に100万円で株を買って、80万円で横ばいになったとしますよね?その株を現時点で80万円出して新たに買いたいと思わないのであれば、それはそれだけの価値が見い出せない株って事なので、さっさと売るのが正解です。

だって値上がりするかも知れないし…と思うかも知れませんが、反対に所有している間は株価が下がるリスクも同時に抱えているわけで、どっちに転ぶかは自分に見えていません。それならさっさと「上がる見込みの方が高そうだ」と思える株にその資金をシフトした方がよっぽど得策です。

そして、新たに塩漬け株を作ってしまわないためには、あなたは現在の株式投資の知識よりも、もっと多くの事を学ぶ必要がある事に気付かないといけません。あなたの知識や戦略に不足があったから今回のように塩漬け株を抱えてにっちもさっちも行かなくなってるわけです。

私なら塩漬け株なんて絶対に発生しません。入口から出口まで完璧に戦略が練られているからです。

株式投資の市場はとってもわかりやすくて、有利なのは知識のある者と金を持っている者なんですよ。どちらも中途半端な人は金を奪われる側にしかなれません。

株で負けない方法

今日は株で負けない方法について話したいと思います。株というものは基本的に他人が株を手放して投げ売りしている時に買い、他人が欲しがる時に売れば儲かるようになっています。

その投資対象の企業が良い会社であろうがなかろうが、株価は需要と供給のバランスで決まりますから、その波をサーフィンのように乗っていけば良いだけです。良い企業を買えば儲かると思っている人もいるかも知れませんが、それはちょっと違います。

今、日本で上場している企業は3500社ほどあるのですが、その中で知名度3500番目ぐらいの会社がいくら経営が安定していも目立ちません。目立たないので良い会社の株であってもなかなか欲しいという人が現れないので株価が上昇するとしてもかなり緩やかにしか上がっていきません。

まぁ要するに需要と供給のバランスで物の値段って決まるわけですから、皆が欲しいと言ってる時に買えば高く買う事になるし、皆が売りたいって思ってる時に手放せば安い値段で株は買い取られてしまいます。

要するに株で負けないためには多少「あまのじゃく」な一面を持っていないとダメって事です。皆がやってるから安心とか、皆と同じが良いな…とか、そういう人は株式投資では色々と乗り遅れてしまう可能性大です。

あなたがミーハーでついつい意識するしないに関わらず、結構「人と同じ」を選んでしまう場合、ちょっと株の売買のタイミングには気を付けた方が良いと思います。

ただ、そうか「あまのじゃく」なら良いのか、というと、実は投資する銘柄選びの段階では先程も言ったように「目立つ」という事は会社の事業内容や経営状況と同じように大切な要素なので「俺は人と違うからこんな地味で目立たない会社の株を選んじゃうもんね」という考えはちょっと違うわけです。

銘柄は人に合わせてもOK、売買のタイミングは他人とはズラす。これが重要なんじゃないかと思います。

例えば自分の周りやネット上なんかで「儲かった、儲かった、あなたもどう?」と声がかかる頃にはもう買い時はとっくに過ぎているという事です。次の買い時は「ああああ、やばい、早く売らなきゃ、売れない売れない」の声が聞こえてきた頃って事ですね。

株の負けを取り返す方法

あなたは株式投資での負けを取り返したいと思っていませんか?もし、そうなのであればこの続きを読んでみてください。さて、株式投資での損失を取り返したいと思っているとの事ですが、あなたはそれより随分前にはこう考えていませんでしたか?

「株式投資で資産運用したい!」と。

そう、持っている資金を株を使って増やしたいと思っていたはずです。それが今では「損失を取り返して元に戻したい・・・」と思っています。格闘技で言えばかなり戦意喪失状態だと思いませんか?試合は続行できるかも知れませんが、戦いにはもう敗れています。

しかも、こんなケースもあります。最初に300万円あって、3割-5割ほど増えたら嬉しいなぁと思い、投資信託や株を買ったが運悪く半分の150万円まで減らしてしまった。

150万円を失った人は残りの150万円を使って元の300万円に戻したいと切実に願うワケです。でも、よく考えてみてください。元々の300万円の時に150万円を得ようと思ったら50%のパフォーマンスで実現できますが、150万円に減ったあとに元の300万円に戻そうと思ったら2倍、つまり100%のパフォーマンスがなければ不可能なわけです。

しかも、それが運良く実現したとしても、最初のスタートラインに戻るだけ。それなら最初から株なんてやらなきゃ良かったと思っても不思議はありません。では、株式投資で大きく損失を出してしまった人はどうすれば良いのでしょうか?

断言しても良いですが、今までと同じ知識レベルで同じような方法をとっている限り、50%のパフォーマンスも実現できなかった人がいきなり100%以上のパフォーマンスを実現する事は相当な幸運が無ければ無理です。

大きく負けてしまった場合、一旦その事は忘れましょう。無かった事にするワケではありません。「損失を補填して元の金額に戻したい!」と思うのではなく、「残ったお金を改めて資産運用しよう!」と考えるのです。

年に30%のパフォーマンスを実現したとしたら、複利で計算すると3年後には元金は2.2倍になっています。
年20%でも4年、年10%でも7年ほどで2倍。半分に減った資金もこれで元の金額以上に増える事になり、その後の数年後には元の資金の2倍が手元に残り、そのまた数年後には4倍になっているわけです。

もちろんそう都合よく運用できるとは限りませんが、少なくとも「早く穴埋めしたいと焦るほど墓穴を掘るのが定説です」だって、その最初の300万円ってすぐには使うつもりなかったから株式投資に使ったワケでしょ?じゃー年数かかっても全然問題無いじゃないですか。

今がスタートだと思って少しずつ増やして行きましょう!でも、今までと同じやり方だと、また半分になっちゃいますからね、私と一緒に株を勉強していきましょうよ!