本当の魅力的な株式投資は証券会社の外にある!

かなり多くの人が、株式投資は証券会社を通して株を買ったり売ったりする事だと思っているようですが、実は違います。もちろん、証券会社を通じて買う株も株式投資には違いないのですが、それが全てでは無いのです。

あなたにとって魅力的な投資先が、必ずしも東証やJASDAQなどに上場しているとは限らないんですよね。本当に魅力的で大きなリターンをもたらす投資には、4桁の証券コードなどついていないのです。

あ、あとちょっと話の本題とはズレるかも知れませんが、証券会社の社員の話を聞いて株を買う人が案外多いんです。でもね、毎日満員電車で通勤して、サラリーマンをやってる人の話を聞いて、それでお金持ちを目指そうと言うのはちょっとおかしい話だと思いませんか?

既に株の世界で実績を出している人ならまだしもね、証券会社の社員は株のプロではなく、金融商品販売のプロなのです。初心者の内は「自分より詳しい人」は妄信してしまいがちですが、株を売るプロと株で儲けるプロは別物だと覚えておいてください。

アドバイスを求める相手を間違うと、あなたの求めている結果にはたどり着かないかも知れません。

投資はあなたを金持ちにはしてくれない!

もし、株式投資で金持ちになりたいと思っているのであれば、今からお話する事はちょっとショッキングかも知れません。単刀直入に言うと、投資はあなたを金持ちにはしてくれません。

株式投資を利用して金持ちになった人はいるかも知れませんが、それは投資がその人を金持ちにしたのではなく、その人の「プラン」がその人を金持ちにしたのです。

つまり、あなたがどの会社の株を買うか?と言う事を考える以前に、あなた自身がどんな「プラン」を持っているのか?がとても重要なのです。プランの無い投資はどこへもたどり着きません。

目的地のない旅行はどこへもたどり着きようが無いのと同じです。プランとはその通りに沿ってやれば、目的地にあなたを運んでくれるものでなければなりません。

「こうなったら嬉しい」とか「こうなるはずだ!」とかそういうレベルのものは、プランではなく単なる願望ですのでそこは勘違いしないように気を付けないといけません。

なぜ、9割の投資家が負けるのか?

あなたがもし株式の売買で損をしていたとしても、それはあなたが下手だからではありません。普通に考えて、長い目で見た場合、株価が買った時より上がるか下がるかは50:50の割合のはずです。

もちろん個人差もあるでしょうが、ランダムに銘柄を指定した場合、大体株価が上がるか下がるかはいずれも50%前後の確率のはずです。しかし、勝率が50%なのであれば、なぜ9割の投資家が損をするのでしょう?答えは「証券会社の手数料」です。

株を買うにしろ、売るにしろ証券会社に手数料を渡さなければなりません。どう考えてもその分は絶対に収益に悪影響を及ぼすわけです。

多くの銘柄に分散させて頻繁に売買すればするほど手数料はかかります。初心者の人でなかなか利益が出せない人は、まずこういうスタイルでないかどうか一度自分の今までのやり方を振り返ってみてください。

もし、頻繁に売買していたのであれば、それを改善する事が新しい一歩になります。

ロバート・キヨサキはこのように言っています。「誰かのレバレッジになっている間は金持ちにはなれない」と。証券会社を儲けさせるだけになってないか?これは結構重要ですよ!

自分の為にお金を働かせる方法

お金のために自分が働くのではなく、自分の為にお金を働かせたいと考えて、株式投資に手を出す人は結構いるんですが、多くの人がやっているのは株式投資ではなく株価予想ゲームです。

その株価予想ゲームを「トレード」と呼びます。

世の中にはデイトレードなどで生計を立てて行きたいと考えている人も多いようです。しかし、トレードは誰でも始める事が出来る反面、生き残って行くにはそれなりの覚悟が必要な世界だと言う事を知っておかねばなりません。

そして、私がいつも残念に感じるのは多くの人がやっているのが、投資ではなく単なる株価予想ゲームだからです。「いいじゃん別に、株価予想ゲームでも投資でもトレードでも儲かれば…」

そんな声が聞こえてきそうですが、まったくおっしゃる通りだと思います。「儲ける事」が目的なのであれば、「儲かっている」のであれば、しょせんそんな事は言葉遊びだと感じてしまわれるかも知れません。

しかし、多くの人が「時間」と「お金」の両方をリスクにさらして差額を得ようとしている時、一方では「お金を自分の為に働かせている」人もいると言う事を忘れないでください。

そして、これは私自身の個人的な価値観ですが、二度と帰らない時間を費やして「勝つか負けるかわからない事」をやるよりは、時間を自分の自由に使って、お金に働いてもらった方が良いと思います。

株を安く買って高く売る事だけが投資だと思っている人は、お金を手に入れる事は出来るかもしれないが、常に「お金」と「時間」の両方がリスクにさらされていると言う事です。

誤解して欲しくないのですが、株価予想ゲームを私はまったく否定しません。株価予想ゲームが好きな人はどんどんやってOKだと思います。ただ、「投資だと思い込んで予想ゲームをやっている結構多数の人達」が何かを気付けるきっかけになれば良いなと思って書いてます。

時間は有限です。命あるものはいつか死ぬときがやってきます。私たちが株価を見て一喜一憂している瞬間にも、私たちの命は確実に減っているのです。どんな方法で株式市場を利用するにしろ、気がついたら、儲かったのは証券会社だけ・・・なんて結末だけは避けたいですね!